お問い合わせ

インフォメーション

ウエディングベールの選び方!長さや種類、デザインは?

2019年7月19日

こんにちは。プラネットMCスクールです。

花嫁が結婚式で身につけるウエディングベール。
ドレスと同様にベールにも様々なデザインがあり、選び方によって印象がガラリと変わります。
せっかくなら、自分にピッタリのベールを見つけたいですよね。

そこで今回は、ウエディングベールの種類や選び方をご紹介します。
ぜひ参考にしてくださいね。

ウエディングベールの長さ

ウエディングベールの長さは、大きく分けて以下の3種類になります。

・ショートベール
二の腕が隠れるくらいの短めのベール。
全体的にスッキリと見え、かわいらしい印象を与えます。
ゲストハウスやガーデンウェディングなどの、カジュアルな結婚式にピッタリです。

・ミドルベール
お尻の下くらいまでの長さのベール。
ショートベールよりもエレガントな印象を与えてくれます。
動きやすいベールがいいけれどカジュアルなデザインは避けたい、という方などにおすすめです。
また、長すぎないのでドレスの裾の装飾が際立ちます。

・ロングベール
裾を引きずるくらいの長さがあるベールです。
少しだけ引きずるものから、広い範囲に引きずるゴージャスなものまで様々。
ドレスの裾よりも長いものを選ぶと良いでしょう。
美しいシルエットで気品のあるデザインなので、格式の高い結婚式にピッタリです。

ウエディングベールの種類

ウエディングベールには、大きく分けて以下2つの種類があります。

・フェイスアップベール
途中で折り返し、コームで留めるタイプのベール。
花嫁の母親がベールを下ろす「ベールダウン」と、そのベールを新郎が上げる「ベールアップ」の儀式ができるのはこちらのタイプです。

・マリアベール
聖母マリアが身につけていたことから名前がついたマリアベール。
頭の上からすっぽりかぶる、折り返しのないタイプのベールです。
ベールの縁には刺繍などが施されており、顔周りを華やかに見せてくれます。
ただし、ベールダウンやベールアップの儀式は基本的にできないので要注意です。

ウエディングベールのデザイン

ウエディングベールのデザインにも様々な種類があります。ここでは、代表的なデザインをいくつかご紹介します。

・ビーディングベール
ビーズの刺繍を施したベール。
動くたびにビーズが光を受けてキラキラと光り、華やかな雰囲気を演出してくれます。
大きめのビーズなら豪華な印象、細かいビーズなら繊細で上品な印象です。

・金糸ベール
金糸を施したベール。
優雅でラグジュアリーな印象を与えてくれます。
存在感のあるベールなので、ドレスはシンプルなデザインをチョイスすると良いでしょう。
特に、光沢のある上質なドレスとの相性が抜群です。

・フラワーベール
お花のモチーフを施したベール。
ロマンティックでかわいらしい雰囲気を演出してくれます。
ベール全体にお花を施したデザインもあれば、裾のみにお花がある控えめなデザインもあります。
ドレスとの相性を考えて選びましょう。

・ドットベール
ドット模様が施されたベール。
ドットの大きさによってイメージが変わります。
大きめのドットならポップでキュートな印象、小さめのドットならエレガントな印象に。
シンプルなドレスやミニドレスと合わせるのがおすすめです。

様々なデザインのベールをご紹介しましたが、もちろん模様のないシンプルな無地のベールもあります。
ドレスのデザインを際立たせたい場合は、無地のベールを選ぶと良いでしょう。

ウエディングベール選びのポイント

・会場に合わせる
ベールの長さは、会場に合わせて決めるのがおすすめです。
格式の高い会場ならロングベールが似合います。
動きやすいショートベールは、ガーデンウエディングやレストラン、ゲストハウスなどのカジュアルな会場にピッタリ。
ミディアムベールは、様々な会場に対応しやすい長さです。

・ドレスに合わせる
会場だけでなく、ドレスとの相性も考えましょう。
ロングベールの場合は、トレーンやバックデザインが隠れてしまいます。
長いトレーンを引き立たせたい場合はミディアムベール、バックデザイン見せたい場合はショートベールを選ぶのがおすすめです。
また、ミニドレスにはショートベールを合わせるとバランス良く仕上がります。

そして、ベールの色味もドレスに合わせましょう。
同じ白でも「ホワイト」「オフホワイト」「アイボリー」と種類があるので、ドレスの色味と合うものを選んでください。

・イメージに合わせる
会場やドレスとの相性が問題なければ、あとは自分好みのイメージに合わせればOK。
キュートなデザインがお好みなら、ショートベールやフラワーベール、ドットベールがおすすめ。
ロングベールやビーディングベール、金糸ベールは、エレガントな印象です。

いかがでしたか。
ウエディングベールの種類や選び方についてご紹介しました。

ドレスと比べると簡単に選んでしまいがちなベールですが、実は様々なデザインがあります。
ベールの長さやデザインによってかなり印象が変わるので、自分に似合うものをじっくり探してみてくださいね。

一覧ページへ戻る